本文へスキップ
ホーム 事務所概要 業務内容 アクセス お問い合わせ

業務内容

借金問題(債務整理)

借金を抱えていて、支払いに困っていませんか?

司法書士がお客様の代理人となり、貸金業者に通知を送れば、貸金業者からの請求は止まります。その上で、お客様の家計状況を確認しながら、適切な返済計画を作っていきます。
具体的な方法としては、「自己破産」「個人再生」「任意整理」「特定調停」などがあります。
個々の状況に応じ最適な方法を選択して、生活再建のお手伝いをします。

貸金業者と長期間の取引がありますか?(既に完済された方も含みます)

数年前まで、貸金業者は法外な利息を取っていました。そのため、本来の利息で計算し直すと、借金が圧縮できることがあります。場合によっては、圧縮できる額が大きすぎて借金が消滅するどころか、払いすぎたお金を取り戻せることもあります。
不動産登記

不動産売買・抵当権設定・抵当権抹消

不動産は高い買い物なので、一括で購入することはなかなかできません。そのため、住宅ローンを組む必要がありますが、そのときは抵当権設定の登記をします。
また、住宅ローンを完済し終わった後は、抵当権抹消の登記をします。

相続登記

相続が発生すれば相続登記を行います。
しかし、すぐに行う必要性はないからと、長期間放置されることがよくあります。その結果、次の相続が発生するなど、様々な弊害が生じます。
相続登記はできるだけ早く対応されることをおすすめします。
商業・法人登記

会社設立

会社を設立したいけれど何をすればいいのかよく分からない、と考えられている方もいます。
「株式会社」のほかにも、「合同会社」「合資会社」「合名会社」といった会社形態があります。お客様の目的に応じて最適な会社を選択します。
その他にも、「一般社団法人」や「NPO法人」などの設立のお手伝いもします。

役員変更・本店移転・商号・目的変更など

会社を設立すればそれで終わり、ではありません。
取締役などの役員を変更するとき、手狭になったので本店を移転したいとか、業務を拡大するので商号や目的を変更したいなど、すべて登記が関係します。

八重山の商業・法人登記はこれまで、石垣市にある法務局で行っていましたが、今は那覇市の法務局でなければ受付してくれません。そのため距離的な制約が生じますが、当事務所では問題なく対応できます。
成年後見

判断能力が衰えたら、衰える前に

私たちの身の回りには契約がたくさんあります。スーパーで買い物をするのも契約ですし、銀行でお金を預けるのも契約です。
認知症や不意の事故で心身に障害が発生し判断能力が衰えても、何らかの契約をしなければいけない場面があり、そんなときに役立つのが成年後見制度です。
判断能力の程度に応じて「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、家庭裁判所の監督の下、それぞれ成年後見人、保佐人、補助人が本人の権利を守ります。

また、判断能力が衰える前に、もしもの場合に備える「任意後見」の制度もあります。
法律相談

弁護士と違って、司法書士には制限があるけれど

確かに、司法書士には法律上の制限があって、弁護士のようにいろいろ出来るわけではありません。
しかし、最初から司法書士で対応できる相談か否か、明確に判断できる人は少ないでしょう。そんなところで悩んでしまって相談に行くのが遅くなってしまったら、事態はさらに大きくなるかもしれません。

相談事があれば、とにかくお問い合わせください!
もし、司法書士が対応できない相談であれば、別の専門家に引き継ぐなど、しかるべき方法をとります。
絶対に見捨てることはありません!